読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WordsofGold’s blog

「アートとは何か?自分の内側にある美を探すこと。それこそがアートだ。」「私は自身を大きく開いていく必要がある。自分自身を見つけ、人間とは何かを思い出すため、人間の美しさを、あなたの美しさを思い出すために。私は人間がどれほど美しいかを見せる必要がある。まさに今。」アレハンドロ・ホドロフスキー

1月7日 こおうするおと

村島洋一 中村佳穂 京都Live House nano 音楽

f:id:WordsofGold:20170109173430j:plain

 

 1月7日、京都Live House nano 〝こおうするおと〟にお越しいただいた皆様、また当日を気にかけてくださった皆様、本当にありがとうございました。

 おかげさまで、大勢の方々とともに、中村佳穂と村島洋一の音楽を楽しみ、2017年の新年会を賑やかに行うことができました。

 初めての方、久しぶりの方、いつものメンバー。みんながnanoに集う一夜は、人と音への愛に溢れた時間でした。それもすべて、中村佳穂と村島洋一、そして何より当日あの場で音楽を全身で感じて、それを表現していた皆様のおかげです。

 重ねて御礼申し上げます。

 

 あの夜が生まれた経緯を少しお話ししますと、2016年5月に村島洋一が東京青山 月見ル君想フでライブをした夜に遡ります。

 ライブがはねて関係者一同で打ち上げをしていたところ、話の流れで「村島洋一と中村佳穂のツーマンライブが見たい!」という話になり、酒の勢いも手伝って、その場でぼくがnanoの店長であるモグラさんに電話をかけたのでした。

 モグラさんとぼくは大学時代、同じ軽音サークルで一緒にバンドをやったこともある、旧知の仲です。彼は熱いハートと音楽への深い愛を持つ男です。 彼がいなければ、1月7日の夜は生まれませんでした。

 同じくその場で中村佳穂にも電話をかけ、出演を快諾してもらい、トントン拍子でツーマンが決定しました。嘘のようなホントの話ですが、たぶん15分くらいで決まったと思います。

 その後、細部の日程調整は箱とアーティスト二人にお任せして、ぼくは当日が来るのを楽しみに待っていました。

 

 ところがある日、村島洋一が言うわけです。あんたオーガナイザーでしょうと。ライブの告知開始日を箱と相談して決めたり、一緒に夜を作る側の人間として、ちゃんとやってくれと。

 お恥ずかしい話ですが、ぼくは音楽業界人でもなんでもない、まったくの素人でして、あとは箱とアーティストとの間でいろいろ決まっていくだろうと、のんきに思っていたのでした。だから、 どうやら自分がオーガナイザーらしいのだと知って、うかつにも驚きました。

  まあ確かに言い出しっぺはぼくなのですが、でも、オーガナイザーて。

 

 というわけで、 それからはぼくもオーガナイザーとしてバッチリ仕切っていったぜ、ということはまったくなく、基本的にはnanoにお任せして、コトが進んでいったのですが、ぼくの中では「こりゃあ、ただの客じゃいられないみたいだな」という自覚が湧いてきまして、村島の言う「一緒に夜を作る」ということの意味を自分なりに考え始めました。

 そうしてたどり着いた結論が、ぼくは音楽家ではないのでステージに立つわけではありませんが、作る側、やる側、届ける側に立とうということでした。

 その一環として、村島と一緒に前日スタジオにも入りましたし、かっこいい言い方をしますと、当日起こることのすべてにぼくも責任を持とうと、ある種覚悟を決めたのでした。

 

 そうして迎えた1月7日の夜。

 中村佳穂と村島洋一、それぞれ1時間とゆったりした尺で、それぞれの音楽を十分に展開したのは、お越しになった皆さんの感じられたとおりです。

 一晩で3組、4組と出演者がいるイベントだと、ゆっくり音世界を深めていく時間が足りなかったり、結論を急いだステージになったりすることがありますが、1時間という持ち時間であれば、お客さんと一緒に出発して、高みに、または深みに到達し、最後にちゃんと着地する十分な余裕が生まれます。

 そうした十分な時間をアーティストとお客さんが共有することで、新しく生まれていくものがある。

 何よりぼくが驚いたのは、あの夜集まってくださった皆さん一人ひとりが、それぞれのスタイルや感じ方で二人の音楽と向き合い、一緒に音楽を作り出していったということでした。

 世界一小さいライブハウス、とも呼ばれるnanoは、決して大きな箱ではありません。それゆえ、お客さんとアーティストの距離がとても近いし、それは物理的な距離だけでなく、心と心の距離もすごく近い箱なんです。

 お客さんの集中力、お客さんの気持ちが、nanoのステージに立つアーティストには肌に触れるように感じられます。

 あの夜は、まさにそうでした。中村さんの音楽に心を委ね、リラックスした皆さんの笑顔と雰囲気が、村島の音楽の新たな一面を開き、アーティストとお客さんとの間に、あの夜新しい音楽が生まれたのだと、ぼくは思います。

 あれは紛れもなく、中村さんと村島の、ぼくの、あなたの、あの場に居合わせた人たちの創り上げた音楽です。

 お客さんの一人ひとりもアーティストなのだ、アーティストを応援したり楽しんだりするだけではなく、ステージに立つ人と一緒に音楽を創り上げるアーティストなのだ。

 そう実感したことが、ぼくには一番印象深いです。

 アーティストと、箱と、お客さんが一緒に作る夜、それはイベントではなく、パーティーとぼくは呼びたい。

 こおうするおとをパーティーにしてくださった皆さん一人ひとりに、ありがとうと言いたい。

 

 また、みなさんと一緒に夜を作ることがあるかもしれません。

 その時はまたパーティーしましょうね。

 ありがとうございました。 

 

f:id:WordsofGold:20170109173457j:plain